乾燥肌お助け情報

乾燥肌にとことん向き合う情報サイト

日焼けをした肌には保湿を!後遺症を残さないための日焼け後の正しいアフターケア

日焼けをした肌には保湿を!後遺症を残さないための日焼け後の正しいアフターケア

 

こんにちは、「乾燥肌お助けナビ」の高木です。

 

初秋になっても、暑さが続くのが日本の夏!

 

乾燥肌対策のためには、まだまだ日焼け対策が必要です。

 

そこで今回は、日焼け後のアフターケアについてご紹介したいと思います。

 

 

 

実に恐ろしい・・・日焼け後の後遺症

 

「日焼け」と一言でいっても、軽度のものから重症度の高いものまで様々存在します。

 

「軽度の日焼け」であれば、肌の組織がターンオーバーによって、新しい細胞へと生まれ変わってくれるため、徐々に健康な肌へと回復していきます。

 

しかし、過度な日焼けや、何度も日焼けを繰り返していくと、紫外線のダメージがどんどん蓄積していき、お肌に後遺症が残ってしまうこともあるので注意が必要です。

 

 

 

紫外線は、シミ・シワの原因に

 

紫外線は肌の老化を早め、シミやシワの原因になると言われています。

 

さらにひどい場合、細胞のDNAが傷つくことで、皮膚がんに発展することもあります。

 

この様に日焼けの後遺症は、実はとても怖いものなのです。

 

日焼けによる後遺症の一例を挙げると・・・

 

 

●  シミ・そばかす

●  シワ・たるみ

●  皮膚がん

●  白内障(紫外線は肌だけでなく、目にも悪影響を及ぼします)

 

 

 

日焼け後の正しいアフターケア

 

 

保湿力を高める

 

やはり日焼け後は、水分と油分をバランス良く補い、肌の新陳代謝機能を衰えさせないよう、しっかりと保湿することが重要となります。

 

できれば低刺激の化粧水を充分に塗り、水分を補ったら乳液(またはクリーム)を塗りましょう。

 

 

 

馬油を塗る

 

ひどい日焼けの場合は、馬油を使うようにしましょう。

じっくり冷やしてお肌の痛みが消えてきたら、馬油を塗ります。

 

元々、火傷の治療薬として使われてきたのが馬油です。

 

日焼けを早期回復を促してくれる働きがあります。

 

 

 

水分を多めに摂る

 

日焼け直後は、こまめに水を飲むようにしましょう。

 

よく聞くことだと思いますが、日焼けは「軽度のやけど」と同じ状態です。

皮膚の細胞が傷つき、水分を保つ力が弱くなっています。

 

また、日焼け後は脱水症状にもなりやすいので、その予防にもなります。

 

 

 

適度なピーリングを

 

適度なピーリングを定期的に行なうことも意識しましょう。

 

それにより、お肌のターンオーバーを促すことができます。

 

日焼けした直後だけは避け、定期的に行うように心掛けて下さい。

 

 

 

まとめ

 

乾燥肌の大敵ともいえる日焼け。

 

後遺症を残さないためにも、今回ご紹介した方法で、正しくアフターケアするようにしましょう。

 

 

関連記事