乾燥肌お助け情報

乾燥肌にとことん向き合う情報サイト

乾燥する季節の前に。ダメージを受けた夏のお肌に、秋冬に向けた保湿ケアを取り組もう!

乾燥する季節の前に。ダメージを受けた夏のお肌に、秋冬に向けた保湿ケアを取り組もう!

こんにちは、「乾燥肌お助けナビ」の高木です。

 

夏の紫外線を浴び続けた肌は、知らず知らずのうちにダメージを受けています。

 

紫外線・汗・冷房による影響でダメージを受けた肌をそのままにした状態で
乾燥する季節を迎えると、立て続けにトラブル肌に見舞われてしまいます。

 

秋冬に向けて、ダメージを受けた夏の肌ケアして、肌を整える事がとても重要です。

 

秋冬に向けて、ダメージを受けた夏の肌に保湿ケアをしよう

猛暑が続いた今年の夏。

 

紫外線・汗・冷房など、、、

過酷な環境を乗り越えた肌には
しっかり保湿をして、お肌を労わってあげましょう。

 

「お肌を保湿する」

 

今までたくさん耳にしたフレーズ。

 

化粧水をたっぷりつけて乳液や美容液を使って保湿する。

 

こういうケアを行う方が大半なのではないでしょうか。

 

しかし、この方法。

お肌の表面にスキンケア商品がのっかっているだけ。

実は、保湿はできていません!!

 

せっかくケアをするなら、正しい保湿ケアをしてみませんか?

 

まずは、お肌の保湿力を向上させる

 

保湿系商品をたっぷり塗るだけのケアを見直し
お肌内部にしっかりと潤いが届き、保湿力を向上させる方法を一緒に試してみましょう♪

 

その1
保湿成分の浸透を高めるための洗顔

 

過度な洗顔はNGです。

 

ぬるま湯を使い、お肌に優しい成分の洗顔料で、自分の顔を優しく包み込むように洗いましょう。
お肌を拭き取る際は、ポンポンとタオルを優しくあててあげましょう。

 

市販の洗顔料は、界面活性剤が含まれる為、保湿の観点ではマイナスです。
お肌への負担が少ないおすすめのタイプは、ジェル状・ミルク状・クリーム状です。

 

使用の際は、自分に合った洗顔料を選びましょう。

 

その2
お肌が本来もっている水分量をキープする

 

せっかく、お肌に優しい洗顔を心掛けても
このステップで誤った保湿のやり方をしたら意味がありません。

 

いつも何気なく行っている保湿には、見直しが必要かも!

 

化粧水を過度にバシャバシャ使うやり方は、乾燥につながるリスク大です。
また、コットンでパタパタたたくことも、やり方によってはマイナスとなってしまいます。

 

その理由は、必要以上に水分が蒸発して乾燥を促進してしまうから。

 

では、どうしたらいいのか・・・。

 

その答えは、

今ある肌の水分をこれ以上蒸発させないよう
油分でバリアをして過剰な皮脂分泌を抑える。

 

これが、今あなたが真っ先にやるべき保湿ケアなのです!

 

バリア機能に着目した美容オイルを使った新しい保湿

お肌は、許容量を超える水分や油分は保つことができません。

 

だから、”与える”ではなく、”逃がさずキープ”することに着目した

 

美容オイルを使った新しい保湿

 

を試してみませんか?

 

おすすめの美容オイル「リズプラベール」

 

どんな肌質の人でも使えるように
5つの天然オイルをブレンドされていて
お肌の濡れ具合によって使用感が変わる不思議な美容オイルです。

 

洗顔直後、少し水分が残っているお肌に
手のひらで乳化したエッセンシャルオイルを顔全体に馴染ませる。

 

他の化粧品との併用も可能ですが、、、

これがおすすめの使い方。

 

えぇ?保湿にオイル?
乳化?
ただ、ベタベタするだけでしょ?
ホントに乾燥肌が潤うの?

 

たくさんはてなマークが浮かぶあなたにこそ

 

一度、是非試してほしい「オイルを使った新しい保湿習慣」なのです!

 

まとめ

保湿力を高めたいときは、保湿成分のクリームを使うのではなく、毎日のスキンケアを見直すことが大事です。

クリームを塗ってもそれは、一時的な潤いにすぎません。

 

《1》お肌に優しい洗顔を心掛け

《2》油分でお肌に疑似バリアを作り

《3》肌本来が持っている水分の蒸発を防ぐ

 

水分と油分のバランスを保つ3ステップ

 

これが、保湿ケアにはとても重要なことなのです。

 

 

関連記事