乾燥肌お助け情報

乾燥肌にとことん向き合う情報サイト

紫外線対策にはビタミンCが不可欠と言われる理由

紫外線対策にはビタミンCが不可欠と言われる理由

こんにちは! 乾燥肌お助けナビの髙木です。

 

紫外線対策といって思い浮かぶことは
まずは、日焼け止め・日傘・サングラスといった外からの対策ではないでしょうか。

 

でも、いくら外からバッチリ対策をしていても、体の内側からの対策も必要不可欠なのです。

 

なぜならば、、、

 

有効な栄養素を摂って健康肌を作り、
体質を改善させないと、いくら外から対策しても
長期的な解決策にはならないからです。

 

今回は、紫外線対策に必要な栄養素のひとつといわれている

 

ビタミンC

 

について、書きたいと思います。

 

ビタミンCがもっている美肌へのはたらきについて

ビタミンCには、以下のようなはたらきがあり、美肌に導く手助けをしてくれるといわれています。

 

(1)
ニキビ・吹き出物の予防・改善効果

 

(2)
メラニンの生成を抑えるはたらき

 

(3)
シミ・ソバカスを防ぐはたらき

 

(4)
過剰な活性酸素を防ぎ老化を抑制

 

 

なんだか、魔法のような栄養素ですね。

 

ビタミンCは、生野菜や果物などに多く含まれているといわれています。
ただし、ビタミンCは水溶性の為加熱調理には不向きだそうです。

 

そうであれば・・・。
果物から摂取していこうかなと考えますが

 

オレンジ・グレープフルーツなどの柑橘系には
ソレニンといわれる紫外線を吸収しやすい成分も入っているので
できれば、野菜類から取り入れていきたいですね。

 

ビタミンCを摂取時の注意点について

いくら、お肌にいいからと言って大量に摂取すればいいというわけではありません。
せっかく摂取したとしても過剰に摂取した分は、尿と一緒に体外に出てしまいます。

 

厚生労働省の日本人の食事摂取基準によると、
成人の1日のビタミンCの摂取推奨量は100mgとのこと。

 

キウイフルーツだと、おおよそ2個分だそうです。

 

ただし、日常的にお酒やタバコを嗜む方は、日常生活の中でビタミンCを多く消費する為
少し多めにビタミンCを摂取したようがよさそうですよ!

 

また、太陽の日差しを大量に浴びる直前の摂取も控えたほうがいいといわれています。

 

 

ビタミンCには、ストレスを感じる原因となる
活性酸素の抑制にはたらきがあり、身体を労わる効果があるようなのです。

 

夜寝る前に飲むのもひとつかもしれません。

 

 

関連記事

  • クレンジングミルクプレゼント
  • 美容オイル リズプラベール
  • おススメの記事