乾燥肌お助け情報

乾燥肌にとことん向き合う情報サイト

たんぱく質やコラーゲンは、“糖化”によって悪者に変身?

たんぱく質やコラーゲンは、“糖化”によって悪者に変身?

コラーゲンを効率よく体内吸収する為には?

皮膚や骨、血管、内臓、髪等身体を作るもとになるコラーゲンはとても大事です。

 

良質のコラーゲンを取るために、たんぱく質を多く含んでいるお肉やお魚をバランス良く取る事が重要です。

 

では、たんぱく質を沢山取れば取る程良いの?

 

そうではないらしい・・・。

 

《1》たんぱく質の過剰摂取
↓↓↓
《2》余ったたんぱく質は肝臓に蓄積
↓↓↓
《3》炭水化物に変わる
↓↓↓
《4》最終的には脂肪に変わる
↓↓↓
《5》たんぱく質も取り過ぎれば太る

 

脂肪の燃焼に貢献したり、

筋肉を付けるのに貢献したり等、
ダイエットにも良いイメージのたんぱく質ですが、やはり取り過ぎはNGのようです。

 

たんぱく質やコラーゲンは糖質と結合すると?

最近話題になっているのは、、、

 

『たんぱく質』『コラーゲン』は糖質ととても仲が良いのか?

 

と言うことです。

 

食べ物の中にはお菓子等に限らず、糖質を含んでいる物が意外と多いものです。

 

取り過ぎた糖分は

コラーゲンを始めとするたんぱく質と結合すると

 

『糖化』します。

 

実は、この『糖化』というものがなかなかの曲者です。

 

余った糖分はコラーゲンとくっつきやすく

せっかくのコラーゲンが糖化により、実はしわやたるみの原因になる事もありうるのです。

 

糖質の吸収を抑える為には?

たんぱく質も

糖質も

適量を取る事がベストですが、、、

「美味しい物を食べたい。」

「甘いお菓子を食べたい。」

などの誘惑にはなかなか勝てませんよね。

 

どうすれば良いのか・・・。

 

それは食事の際に

『食べる順番を注意』することです。

 

調理法を変える等いくつか方法がありますが、
これが最も簡単な方法かと思います。

 

野菜サラダや野菜の煮物等、

繊維質の多い物から食べると血糖値が

急上昇するのを防ぐことができます。

糖化を防ぎながら、食材本来の栄養素を取り込みアンチエイジングに繋げたいですね。

 

レシピ記事でもご紹介した牛肉は

美容ビタミンと言われるほど、女性にはありがたい食材です。

 

赤み牛肉は低カロリーで、

たんぱく質が豊富です。

さらに、、、

細胞分裂に必要な亜鉛も含まれています。

 

新陳代謝を促します。

無理なく肌、身体が生まれ変わる手助けをしてくれます。

 

また、脂肪燃焼作用もあるので、

ダイエットにも効果的です。

鉄分も多いので、貧血の防止にもなります。

 

身体にとっていい栄養素でも、ちょっとした事で正義の味方にも悪者にもなってしまいます。

 

身体つくりのもとになる

『強い味方のたんぱく質』や『コラーゲン』を効率よく取ると同時に

 

《1》悪者に変身してしまうまで、取り過ぎない。(食べ過ぎ注意)

 

《2》悪者に変身させないよう、食べる順番に気を付ける。(食物繊維から食べる)

 

《3》糖質と仲良くさせない。(糖質とコラーゲンが仲良くなると、しわ・たるみの原因に!)

 

を、意識して食事をしてみましょう!

 

関連記事

  • クレンジングミルクプレゼント
  • 美容オイル リズプラベール
  • おススメの記事