日焼け止めと乾燥肌

夏に向かって増える紫外線

家から1歩も出ず

カーテンを閉め切って暗い中で生活する事が

「一番の紫外線対策」

と言えるかもしれませんが

日常生活を送るうえでそれは難しいですよね。

 

職場に向かう道中や、

日常の買い物、子供の送り迎え等々

どうしても外に出る必要がでてきます。

 

外出する時は、日焼け止めはもちろん、

遮光日傘、サングラス、マスクに、アームカバー等々重装備を心掛けている方も多いのでは?
(見た目はかなり怪しい)

 

通常の外出ならば可能かもしれませんが

屋外スポーツとなると、遮光日傘をさしながらのスポーツは難しいですよね。

1年中アウトドアスポーツを楽しんでいる方々にとっては、避けては通れない課題です。

 

そこで完璧ではないけれど、

できる限りの防御をして、その防御が最も力を発揮する方法をご紹介したいと思います。

 

肝は、潤う健康な素肌!

まずは、、、
日中肌にも潤い補給して潤いのある健康な素肌にすること。

 

素肌が健康でなければ
いくら高い化粧品を使ったとしても意味がありません。

 

潤いのある健康な素肌は、
バリア機能がきちんと働きますし、ターンオーバーによる肌の生まれ変わりも期待できます。

 

潤いこそ最大の防御です。

 

夏は汗をかくので
潤っていると錯覚しがちですが、
紫外線や、エアコン等の外敵により
乾燥しています。

 

日中、日焼け止めを塗り直すと同時に、
肌に潤いを与え直してはいかがでしょうか。

 

肌に潤いを与えるには、水分を補い油分で蓋をする

水と油分?

夏にオイル?

と、はてなマークが頭の中に

いっぱい浮かんでいるのではないでしょうか。

 

せっかくお肌に水分を補給しても
それだけでは蒸発をしてしまい
乾燥をより促進させてしまうのです。

 

良質な天然オイルと水を一緒に使うことで、

あなたの好みの美容液に大変身して
効果を何倍にも引き出すこと、ご存知ですか?

 

おすすめの良質な天然オイルはこちらから

 

ナイトクリームやファンデーションにも
オイルは使われていますよね。

 

肌を正常に保つには、
水分とオイルのバランスがとても重要なのです。

正しい使い方をすれば、
潤いを保ち、肌のバリア機能を守る最強の味方になります。

 

お化粧の上から、オイルと水で潤い補給

何度もお伝えしているとおり
水分だけ補給しても、すぐに蒸発をしてしまい
乾燥を促進させてしまいます。

 

『水分』プラス『油分』

で日中の乾燥からお肌を守りましょう!

 

おすすめの
「リズプラベール」という良質な天然オイルは
ファンデーションとなじみやすく
簡単に潤い補給ができます。

濡れた手のひらに伸ばし乳化した後
軽く抑えるように顔全体になじませて下さい。
ビックリするくらい
軽い着け心地でしっとりします♪

 

おすすめの良質な天然オイルはこちらから

 

夏のこのひと手間が、日焼け対策にもなります。

夏のダメージを最小限に抑え、肌が良い状態で秋へと向う事が出来ますよ!

日焼け止めについて

日焼け止めを選ぶとき「SPF」の数字や「PA」の+の数を基準に選びますよね。

 

《UV-A波》
日常生活で知らず知らずのうちに
長く浴び続けることで、肌を黒くし、しわやたるみの原因になります。

⇒⇒⇒
PAはUV-A波を防ぐ効果があり
+の数が多いほど効果が高くなります。

 

《UV-B波》
肌の表面に作用し
シミやそばかすの原因になります。

⇒⇒⇒
SPFはUV-B波をカットします。
数字が大きくプラスが多い方が紫外線を防止する力が強いと言われていますが、
その分お肌への負担も大きいと言われています。

 

 

肌への負担を考えると、TPOに合わせて日焼け止めも使い分けるのがベストです。

 

また、せっかく効果が期待できる
日焼け止めを使用しても、汗で流れてしまったり、摩擦によって取れる事もあります。

 

数回付け直す事が、効果を持続させるにつながります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA