晩夏から初秋にかけての頭皮トラブル

こんにちは、「乾燥肌お助けナビ」の高木です。

 

まだじんわり気温の高い日もありますが

暑い夏も終わり、ようやく秋の気配が感じる季節になりましたね。

 

気持ちのいい過ごしやすい時期ですが

夏の紫外線を浴び続けた髪や頭皮は、お肌と同じく想像以上のダメージを受けています。

 

頭皮も顔も同じ!?この時期だから気を付けたいトラブル

四季の中で 「夏」 は暑くて汗もかくし、

皮脂の過剰などのトラブルも起きやすい季節ではあるのですが、

 

夏に受けたダメージは夏の終わりから発症してくることが多いのです!

 

それはなぜか??

 

夏のダメージを受けて

デリケートになっている髪や頭皮にとって

気温は下がったり、乾燥が気になる秋の気候は、とても厳しい環境です。

 

気温が急激に下がってきて空気が乾燥すると、血行不良に陥ってしまうこともあるのです。

 

夏のダメージを今取ることが乾燥肌・乾燥頭皮を防ぐ近道

なぜ、 「秋」 にケアすることが重要なのか??

 

大きく分けると以下2つ。

 

《1》
夏のダメージにより抜け毛が増える

《2》
気温が下がり空気が乾燥して、頭皮の血液の循環が悪くなる

 

 

一般的に「秋」は

 

・春から夏にかけて髪の毛の量が多くなる

・冬に備えて毛母細胞が入れ替わる

 

などといった理由から、四季の中でも、一番髪が抜けやすい時期と言われています。

 

しかし、、、

夏に受けたダメージをケアせずに放置してしまうと、冬に備えて入れ替わろうとする毛母細胞の機能が低下し、薄毛の原因となってしまうこともあるのです。

 

まとめ

夏に受けたダメージによって、秋に発生する「抜け毛」や「乾燥によるかゆみ」などを防止する為には

 

・自分に合ったシャンプーを使うこと

・適度に頭皮の保湿を与えること

・油っぽい食べ物を食べ過ぎないこと

 

など・・・。

 

夏に受けたダメージをケアして

頭皮環境を整えてあげることが大切です。

 

今日から、早速「頭皮のケア」やってみましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA